1101

工学系大学院生の雑記。

生活リズムを正す

アルバイトの日は24時に退勤し、1時頃帰宅する。

 

帰宅すると、やりたいことをたくさん思いつく。

 

英語の勉強、今日やってないなあ。

OS自作ほったらかしだった。

ロボット工学の勉強しなきゃいけないところあったなあ。

Webサービス作りたいと思ってたんだった。

 

そんなことを考えながら、なぜかまずSNSを開く。

そのまま小一時間SNSをしていると、ゲームをやりたくなってくる。

思いつくままにゲームを始め、気がつくと数時間経っている。

 

外が明るい。

 

今日もやりたいことができなかった、俺は一体なにをしているんだろうという絶望と共に眠りにつく。

 

こうして何もできず生活リズムだけが狂っていくここ最近。

これは正さないといけない。

 

生活リズムを整える方法は分かっている。早寝だ。

 

但しアルバイトの日はどうやっても1時前に就寝することはできない。

 

したがって、帰宅後どれだけ早く床に着くかが重要になる。

 

帰宅後に絶対しなくはいけないことは、着替えと歯磨きくらいだ。

時間でいえば10分とかからない。

 

問題は、やりたいことをたくさん思いついてしまうこと。

 

そのままベッドに入っても、今やらなければいけないのではないかという思考が脳内を占領し、なかなか寝付くことができない。

 

その対処法として、やりたいことを紙に書き出し、翌朝起きたあとにそれらを実行するための行動計画を立ててから寝るという方法を思いついた。

 

こうすれば何もせずに一日を終える罪悪感も緩和されるし、翌日ちゃんと目的を持って起床することで生活にメリハリが生まれる、ような気がする。

 

SNSとゲームに関しては、本来やりたくないと考えているのに惰性でやってしまっているところがある。

 

ゲームはPCに触れないことでやりたくなるきっかけをシャットアウトすることができる。

 

しかしSNSスマホでもできてしまう。これはとりあえず意志力でできるだけ開かないようにする他思いつかない。